全人口の5%しか居ない、かなり珍しい血液型であるAB型さん。性格的にも他の血液型の人とは違う傾向が見られ、「変わっている」と言われることが多いようです。でもAB型さんのそんな独特のスタイルとミステリアスなムードは、多くの異性を惹き付ける魅力ともなっています。キャバクラの接客でもいくつかのポイントに気を配るだけで、人気キャストになれるはず!今回はAB型女子が知っておきたいキャバクラ接客術をご紹介していきましょう。

一般的な血液型診断だと、AB型さんは「冷静沈着でクール」と言われがち。ところが実際の統計によれば、AB型さんは感受性が強い分、感情起伏がかなり激しい傾向があると言われています。つまり普段はのんびり屋さんなのに、楽しいことや興味のあることに触れると心が一気にヒートアップして、のめりこんだりはしゃいだりしやすい…というわけですね。

明るい気分になって楽しい会話ができるのは、必ずしも悪いことではありません。ただ気をつけておきたいのが「しゃべり方のスピード」。AB型さんは普段は優雅な話し方をする傾向があるのですが、気分がヒートアップしてくると一気にスイッチが入り、以下のような話し方に切り替わりやすいんです。

・声が高くなる
・声が大きくなる
・早口になる
・「そうそう!」「うんうん!」等の繰り返し言葉が多くなる

これらはどれも無意識のスイッチの切り替わりなので、自分ではなかなか態度の違いに気づかないこともある様子。でも「そう言われてみるとそうかも…」と思う人、多いのではないでしょうか。

早口でキャッキャとした喋り方は一見すると元気そうにも見えますが、実はキャバクラの接客的にはNGとされやすい傾向にあります。

それはなぜかと言うと…早口って、第一印象が良くないんですよね。心理学の研究でも、話すスピードによる印象は以下のように変わることがわかっています。

【ゆっくり喋る人への第一印象】
・優しい
・おだやか
・癒やされる
・落ち着いている 等

【早く喋る人への第一印象】
・慌ただしい、せっかち
・落ち着かない
・性格がキツそう
・自分を受け入れてくれなそう

特に男性は、女性に「優しさ・穏やかさ」を求める傾向にあります。つまり女性キャストがどんなに楽しい話題を提供しても、「早口で落ち着かない女の子だなあ」と思われたら、それだけで印象はマイナスに。話し方が早いだけで、キャストさんはとってもソンをしているんです。

まずは70%にスピードダウン

人間は「緊張」をした時にも、話し方が早く、声が高くなります。つまりキャバクラで接客を始めた最初の頃(接客に慣れていない頃)が、無意識のうちに早口になりますし、声も高く細くなりやすいんです。でもいきなり最初から「速さ、声の高さ」とアレコレ気にするのも、ちょっと考えもの。いろいろと気にしすぎて話ができなくなっては、意味がありませんよね。

まずは「いつもの70%くらいのスピード」を意識してみてはどうでしょうか?ほんの少し意識をするだけでも、AB型さんが元々持っている優雅さが前に出て、ゆったりした優しい雰囲気が演出できるはずです。

お客様のテンポに合わせてみる

接客に慣れてきたら、相手の話すテンポにスピードを合わせることを意識してみましょう。テンポの合う相手と話すと、会話にストレスが無く、楽しさ・快適さを感じるもの。お客様と同じテンポで話に乗ることで、「もっとこのキャストと話したいな」と思われることでしょう。

「教わる」を意識してみよう

AB型さんは器用でセンスがあるため、芸術方面・スポーツ方面等、様々な分野で一定の結果を出せる傾向があると言われています。また探究心が旺盛で、いわゆる「研究肌」「こだわりや」なのもAB型さんの特長。そのため様々な分野について物知りだったり、経験値が高い人が多いんですね。でも、この「ものしり」「経験豊富」という側面が、接客面ではマイナスとなってしまうこともあるんです。

【 NG例 】

相手
最近『A』って映画を観たら面白かったんだよ。

AB型さん
私も観ました!面白かったですね。

相手
あれ、謎の元ネタは『B』って小説だって知ってた?

AB型さん
そうそう!あの『B』の使い方が凄くてー!更にマンガの『C』も使ってますよね。

相手
(キャストの方が詳しそうだなあ…)

「こういう会話、やったことあるかも…」という人も多いのでは?この話し方では、その後の会話はあまり弾みません。二人の人が話す時、「教える側」と「教えてもらう側」では「教える側」の方が話していて楽しい気持ちになりやすいもの。つまり「キャストが教える側・お客様が教わる側」になると、お客様は話す気が無くなってしまいますし、気分も盛り上がらなくなってしまうんですね。

会話を弾ませるヒントとしては、「教える」型に立つよりも「教えてほしい、知りたい」という姿勢をキープすることが大切です。

【 OK例 】

相手
最近『A』って映画を見たら面白かったんだよ。

AB型さん
私も観ました!面白かったですね。

相手
あれ、謎の元ネタは『B』って小説だって知ってた?

AB型さん
知りませんでした!言われてみたら似てますね。面白い!

相手
マンガの『C』のネタも使ってるらしいよ。

AB型さん
わあ、そうなんですね。すごく映画に詳しいんですね。よく映画を観るんですか?

同じ話題でも、「キャストが質問をして、お客様が教える」というスタイルを貫くと、お客様との会話は広がりやすくなります。お客様が回答をした時には、「教えてもらった情報が興味深い、面白い」「いろんなことを知っていて凄い」というポジティブな感想を付け加えるように意識することも大切です。

言葉が出てこない時には…じっと見つめる!?

AB型キャスト 言葉が出てこない時には…じっと見つめる
頭の回転が早く、センスのある会話をすることも得意なAB型さん。でもその半面、照れ屋さんで意外とシャイな一面も持っています。そのためキャバクラでの接客に慣れない頃には「お客様と話す時にうまく言葉が出てこなくなった!」なんてことも。またお客様にからかわれて固まってしまった…なんてケースも少なくないようです。

「上手に言葉が出てこない、どうしよう」「焦って話題も出てこない…」そんな時には、とにかくそれ以上パニックを起こしてしまわないこと!焦らずに、ひとまずお客様の目を3秒くらい見つめてみましょう。

日本人は平均的に、あまりじっくりと相手の瞳を見ない傾向があると言われています。特に2~3秒以上長く相手の目を観ることは、恋人同士以外はほとんど無いのだとか。そのため、異性にジッと観られると気持ちがドキッとしたり、「好意的な態度だな」と感じる人が多いんです。

無表情で目をそらしたまま黙るのと、やわらかく見つめながら黙るのでは、その場の雰囲気がまったく変わってくるんですね。

特にミステリアスで神秘的な雰囲気を身にまとうAB型さんの場合、「じっと見つめるだけ」の一瞬は大きな効果をもたらすはず!また落ち着いてしっかりとお客様を見れば、お客様の「今日の服装」や「今日の表情」といった話題の糸口も見つけやすくなることでしょう。

おわりに

AB型女子さん向けのキャバクラ接客術はいかがでしたか?AB型さんは、4つの血液型の中でも特に「器用で機転が効くタイプ」と言われています。また初対面の相手にも臆することなく、柔らかな笑顔で接することができる人も多いです。天性の気質としては、かなり接客向きと言えるのではないでしょうか。上記でご紹介したような接客のコツをきちんと抑えれば、人気キャストへの階段もスムーズに登れるはずですよ。